命の短いハムスターへ愛情をそそぐことのしあわせ

未分類

今回は、ハムスターとウーパールーパーを飼っている二人にお話を聞きました!

 

 

スポンサーリンク

1.我が家のペットはハムスター。

今飼っているのは5代目、6代目、7代目ハムズ。

ハムスターの寿命は1年半から2年だ。

しかし寿命をまっとうさせるのはとても難しい。

最初に飼ったのはイエロージャンガリアン。

その名の通り、全体の毛色が黄色い。

ペットショップで見たその子はたくさんいた中で一番きれいな色をしていた。

空ちゃん(くうちゃん)と名付けたその子は、おっとりした性格ですぐに手乗りになった。

誰が触ってもおびえることなく、よくある噛み癖もない良い子。

毎日見ているだけで幸せ。

甘えてくる空ちゃんが大好きだった。

目を離したすきに脱走したり、ケージから落ちて骨折したり・・・

動物病院にも何回か通った。

そんな空ちゃんも1年10か月生きた。

もうすぐ11か月だったとき、お腹に腫瘍があるのを見つけた。

すぐに病院へ連れて行ったが、なかなかハムスターの専門医はいないので治療には限界があると言われた。

もちろん手術なんてできないので、抗生剤を投与し様子を見ることしかできなかった。

空ちゃんは日に日に痩せていったが、最後の最後まで頑張ってくれた。

手の中で看取ることができたので、いっぱい撫でてありがとうを言った。

ハムスターは寿命は短い動物、だから元気で一緒に過ごせる時間は短い。

でもその子に対する愛情はどの動物でも同じだけだと思う。

だから突然亡くなるのはとても悲しい。

2代目に飼ったパールホワイトは、9か月という短い命だった。

前日まで元気に走り回っていたのに翌日の朝、家の中で固くなっていた。

覚悟もできていないので、悲しかったし子供のように泣いた。

そんなことがあるが、ペットにハムスターを飼うのはやめられない。

理由はやはり、ハムスター個々の性格とかわいさだ。

 

 

 

2.うちのペットはあの宇宙からやっきたと噂のウーパールーパー

 

うちのペットは、ウーパールーパーです。

私が、小学校のころテレビのCMで一躍有名になったあのウーパールーパーです。

そのころは、珍しい生き物だったのでCMにもなったのでしょう。

しかし、今は一般の家庭でも手軽に飼えるペットです。

うちのウーパールーパーは、ピンクの色をしています。

目は離れてちょこんとゴマのように二つあります。

そして、横にひろがった円盤型の顔の形をしています。

顔の回りには、濃いめのピンクのぴらぴらがついています。

この子は、わたしが交通事故で通っていた整形外科の病院の受付で無料でもらいました。

病院に通っている患者さんが繁殖に成功したらしく10匹くらい同じウーパールーパーがおいてありました。

ウーパールーパーの繁殖は、一般的に難しいらしいです。

そのうちの一匹をもらってきたわけです。

なぜなら、私の息子が生き物にとても興味をもっているからです。

その他に、金魚はありきたりですがウーパールーパーは金魚よりはめずらしいから面白いと思ったからです。

わたしの好奇心で飼ってみたい思いもあったのです。

もらってきたころは、ほんとに小さくてかわかったです。

小さいからなのに、手足がちょこちょこ動く姿がとてもかわいいかったです。

もうすぐ、6カ月くらいたちます。

ずいぶん大きく成長しました。

毎日、餌をあげていると自分のこどもと一緒の感覚で育ててます。

子供たちも、ウーパールーパーが上に泳いでいる姿をみると家族中で大騒ぎしています。

ウーパールーパーが動いてる!自分の家に入った(筒状のもの)と子供たちは、大興奮するのです。

通常は、あまり動きがありません。

目をあけたまま寝ています。

えさと下に敷いてある石を間違えて、飲み込んでしまうことがあります。

これからも、元気に大きくなってほしいです。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。