猫ちゃんもわんちゃんも大好き。初めて飼う猫ちゃんに感動

未分類
【スポンサーリンク】

今回は、実際に犬と猫を飼っている人に日常生活の様子を教えて頂きました!

うちには1匹のワンチャンがいます。年齢は7歳。犬の年にしたらもうおばちゃんですが、すごくかわいいです。うちに来たのは4週間のときでした。まだまだミルクだったとおもいます。

 

今思うと早くに親、兄弟から離してしまったせいで、彼女は自分を犬と思っていないようで、ドッグランなんていけません。他の犬を見るとヴーと牙をむけ、威嚇しかしない。

 

 

人間にはだれにでも尻尾をふり、ついていってしまうくらいなのに。これだけは、失敗したな。と思いました。確実ではありませんが、原因はこれだと思っているので、つぎ飼うことに子は、ある程度生まれ環境で、犬として自覚できた頃に飼いたいなと思います。でも、やっぱりかわいい。

 

 

 
散歩といえば、うちの子ははじめのころは散歩も上手にできなくて、このバカ犬って思うことがよくありました。あちこち蛇行して、飼い主を引っ張りまくり、他の散歩の犬に吠える。もう散歩なんて行ってあげないと思うことがよくありましたが、ここは日々の努力です。前へガンガン引っ張られるときは、ぐっと紐を手繰り寄せ、他の犬に吠えたらガツンとしかり、紐は極力短めに持つようにして、散歩を続けていたら、いつの間にかすっかり散歩がしやすくなっていました。勝手にお利口さんにはなれません。でもワンチャンは根気よく教えたら教えただけ答えてくれます。

 

 

散歩だけに限らず、お座りやふせ、ジャンプなど、飼い主とのコミュニケーションも教えれば教えただけ覚えてくれます。できないと怒られたりするけれど、できるようになってくると、飼い主も喜びが大きく、家族としての距離もぐっと縮みます。家族の笑顔が増えます。うちの子は投げたおやつをキャッチできません。何かの番組でみたキャッチ出来ない犬よりひどくて、顔に当たって落ちても、落ちたものも探し当てるのに時間がかかります。これだけは天性のものでしょう。教えても、何度やってもできません。家族みんなが大爆笑。お世話で大変なのは最初の頃だけ。あとは従順なのが犬の良いところ。心の癒しであり、大切な家族です。

【スポンサーリンク】

 

 

次に猫ちゃん

家では飼ってあげられないので、実家にいますが、その猫ちゃんはとある団地で大量繁殖してしまった猫ちゃん。つまり保護されていれば、保護猫です。ずっと実家で猫を飼いたいと言っていたのでチャンス!と思い、捕まえに行きました。その団地内で飼ってに繁殖していたので、箱に入っているとかではなく、自由に走り回っている子猫ちゃんたちのなかから、どの子でもいいから捕まえようとおもって、少しかわいそうですが、虫取り編みをもってつかまえにいきました。

 

 

すっごく元気に走り回っている子猫ちゃんを一匹ゲットしました。捕まえるというとすこしひどい気がしますが、たまたまその日に猫を保護する団体の方にあい、本当に飼えるのかきかれ、責任を持って飼います。といったら、「ありがとう」といわれました。それだけ保護しなくてはいけない猫が多いということです。

 

 

今後拾われたかたの役にたつと良いのですが、保護したあとは、動物病院に連れて行き、健康診断を受けることをおすすめします。うちの子はまだ500グラム未満で、たまたま虫などお腹にいなかったのですが、保護猫は病気を持っている可能性が大きいので、健康診断と、ダニがいないか、という検査だけして欲しいとのことでした。

 

 

ワンチャンと違い、何度も予防接種をしなくてもいいので、病院に行くのは、この1回くらいでしょうか。

 

そして初めて猫を飼ってみて驚いたのがトイレのしつけをしなくてもいいということ。

 

実際まだ1ヶ月ほどの子猫ちゃん。砂をおいあげたら、すぐ砂に行き、用を足す。

 

すごいって驚きました。埋める手がまたかわいい。体臭もないです。猫は自分の唾液に消臭成分があるようで、体臭がない!これもすごい。

 

 

ひろったときは逃げ回っていた猫ちゃん。4ヶ月たったいまでは、足に擦り寄ってくるカワイコちゃんに!
ツンデレもたまらないです。

 

【スポンサーリンク】

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。