初心者の方にお勧めしたい適切なドックフードの選び方

犬を飼うのが初めての方は、愛犬にどんなドックフードを与えてあげればいいのか迷う方も多いのではないでしょうか。
そんな初心者の方にお勧めしたいドックフードをご紹介していきたいと思います。

まず、基本的なこととして飼われているワンちゃんの種類や年齢によって餌も変えると言う事を覚えておきましょう。
また、アレルギーがある子もいますので事前に病院で診て頂き把握しておくことは大切です。

幼少期にお勧めのドッグフードが「プロプラン」や「ロイヤルカナン」です。
プロプランは、大人になる過程に必要な栄養素がたっぷりと入っているドックフードで、骨を頑丈に育てたり健康を維持するために身体のコンディションを整えてくれる役割があります。
それに加え、ロイヤルカナンはそれぞれの犬種に合わせて栄養バランスを変えたドックフードになっているので、身体に合った食事を摂ることができ、大人になるための基礎を整えてくれます。

「Amazon.co.jpアソシエイト」

ロイヤルカナン 療法食 消化器サポート低脂肪 犬用 ドライ 3kg

成犬になってきたら「カナガン」がお勧めです。

スポンサーリンク

カナガンは、低炭水化物配合なので脂肪を燃やす働きがあります。
大人になるとなりやすい病気も事前に対策を取っておくことで未然に防ぐ助けになります。

このように、年齢に合ったドックフードを選ぶことで愛犬の健康を守ることが出来ます。

実は小型犬は、身体が小さいこともあって普通の犬より身体が弱かったりします。
なので、将来病気になりやすい子が多いです。
病気で挙げられるのが皮膚病や癌、骨粗鬆症、白内障などが一例としてあるのですが、そんな病弱体質なワンちゃんには無添加のドックフードがお勧めです。
その中でも「モグワン」は、犬にとって必要な動物性たんぱく質を多く取り入れているドックフードなので骨を丈夫にしたり皮膚を強くしたりしてくれます。

スポンサーリンク

なので、もし動物病院を受診してそのような病気の傾向が考えられると診断を受けた場合は、早めにモグワンなどのドックフードに切り替えるようにしましょう。

その他にも犬種によって起こる病気も変わってきます。
例えば、ミニチュアピンシャーは、もともと脚力に富んでいるので日頃からよく跳びます。
日中動き続けていることが多いので、その分足に負担が掛かってしまうので骨折をしてしまう子も多いです。
骨折が何度も続くと手術をしなければならなかったり、酷い時は切断という判断も余儀なくされます。

また、ミニチュアダックスフンドやコーギーといった足の短いワンちゃんは、腰を悪くするケースが非常に高いです。
そういった子達は、椎間板ヘルニアなどの病気に陥ることがあるので、病気を防ぐために先ほど紹介したプロプランを大人になってからも与え続けることは大切です。

実は、このプロプランは他にも色んなタイプの種類があるんです。
例えば、肥満体形の愛犬に悩む飼い主さんもいることでしょう。
そんな方には、プロプランのオプティウェイトをお勧めします。
オプティウェイトはダイエットに適したドックフードで自然に体重が落ちるように低脂質の食品を扱っています。

なので、無理して食事を減らさなくてもこのドッグフードを食べさせてあげるだけでダイエットに成功したというワンちゃんは多いです。

このように症状に適したドックフードを与えることで、病気になりにくい身体を作ることが可能になります。
ですが、ドックフード事態が身体に合わない場合もありますので、もし食べたがらない雰囲気を感じたり、食べても吐いてしまう場合は、与えるのを中止し専門の獣医さんに診てもらうようにしましょう。
実際に、病院内で販売されているドックフードもありますのでそちらを活用してみたり、処方された薬を混ぜて違う種類のドッグフードを試してみるなどして様子を見られることをお勧めします。

いかがでしたか。
これからも、大切な愛犬がいつまでも健康でいられるようにその子に合った適切なドックフードを与えるようにしていきましょう。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。