初心者が気を付けるべき犬の健康管理

未分類
【スポンサーリンク】

まだ犬を飼ったことのない初心者が、初めて犬を迎え入れる時は、どのように健康管理に気をつけながら共に生活していったらいいのでしょうか。
まず、犬に関して、何の知識もないまま、犬を迎え入れてしまうのは、飼い主にとっても、ペットにとっても、大変危険ですし苦労の種もいっしょに抱き込んでしまう事になります。
なので、まずは、迎え入れる前に、犬に関する知識を蓄えて、迎え入れる準備をしておきましょう。

 

 

準備の仕方はいろいろありますが、書籍、ネット、ペットショップの店員さんや動物病院の先生、実際に犬を飼っている人に話を聞く、など、色々な方法がありますが、その人の仕入れやすい方法で、情報を仕入れていったらいいと思います。

 

 

 

一通り犬に関する知識が身に付いたら、犬を家に迎え入れるための具体的な準備に取り掛かります。
具体的には、ハウス・ベッド、食器、トイレ、食事やおやつのなど、飼うために必要な物を揃えておきましょう。

 

 

 

 

そして、実際に犬を選ぶ際には、ただかわいいから、だけではなく、その犬が健康かどうかを見極めてから飼うことが必要になってきます。
目ヤニや涙が出ていないか、鼻水が出ていたり、乾燥していないか、耳に汚れや耳だれはないか、舌の色はきれいなピンク色をしているか、よだれは出ていないか、口臭はないか、肉球に傷はないか、痛がらないか、爪は伸びすぎていないか、背中などに触れたときに痛がらないか、下腹部に張りやしこりはないか、尻尾を上に持ち上げられるか、回しても痛がらないか、などです。

 

これらは、最初に犬を選ぶ時以外でも、普段から気にして見てあげることで、病気のサインを見つけることに役立ちます。

 

 

 

そして、実際に犬を迎え入れたら、運動、食事、休息、予防接種、手入れ、しつけなどに気を付けていきながら、愛情いっぱいにお世話をしていきます。

【スポンサーリンク】

 

 

 

運動は、犬の成長、ストレス発散など、健康的に育てていくためになくてはならないものです。
1日2回、30分~1時間程、夏の暑さ冬の寒さ外の状態をよく見て散歩に連れ出して行ってあげましょう。

 

 

 

食事は、犬の成長過程や病気の有無によって変えていく必要がありますし、玉ねぎやチョコなど、あげてはいけないものもあります。

 

 

 

又、運動以外にも、休息させてあげられる環境作りも大切です。
犬も、人間と同様、留守番させられたり、知らない人と触れ合うなど、ストレスを抱えたりします。
なので、適度に遊んであげたり、くつろげるスペースを作ってあげるなど、休息できるようにしてあげることも必要です。

 

 

 

又、感染症にかからないように、法令で義務づけられている予防接種も定期的に打つ必要もあります。
生後3か月過ぎに1回目、以降は年に1回、4月に接種しなくてはなりません。
具体的には、狂犬病、混合ワクチン、フィラリアがあります。

 

 

 

毎日の手入れも欠かせません。
ブラッシングは勿論のこと犬用のシャンプーを使って、マッサージも兼ねながら、綺麗に洗ってあげましょう。

 

 

 

しつけも又、犬が健康的に社会に適応して生活していくために必要なことのひとつです。
犬社会、人間社会に適応できるように、子犬の頃からきちんとしつけていきましょう。
しつけのコツは、しかるよりほめることが大切です。
教えたことが成功したら、しっかりとほめてあげてください。
声や手などを使って、こちらの気持ちをしっかりと伝えられるようにして、しつけていきましょう。

 

 

 

健康管理は、毎日の積み重ねが大切です。
しかし、一番大切なのは、一度犬を飼い始めたなら、最後まで、責任を持って、信頼関係を築き上げ、愛情をたっぷり注いで、育ててあげることでしょう。
犬にとって、飼い主からの愛情が一番の健康の源となると思います。

【スポンサーリンク】

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。