これだけ!フェレットの飼育ポイント~初心者向け重要3選~

未分類

散歩が不要で、お昼に家を空けてしまうご家庭でも飼いやすいフェレット。この記事では、そんなフェレットを初めて飼う初心者の方やこれからフェレットを飼うことを検討している方に向けて、必要最低限のポイントをご紹介したいと思います。

 

 

■1 ケージ内の飼育環境を整える
フェレットは、家の中で遊ばせる時以外はケージの中で飼育しますので、ケージは必須アイテムです。フェレットはケージの中でご飯を食べ、排せつを行い、そして何より一日の約8割の時間をケージの中で寝て過ごします。そして、飼い主さんにとっても、ケージ内の衛生を保つためにうんちの掃除やごはんの食べカスの掃除を日常的に行う必要があるため、お手入れのしやすさも重要なポイントとなります。そんなケージ選びのポイントは、大きく4つあります。

 

 

一つ目は広さです。目安としてはA3用紙4枚分くらいの床面積は欲しいところです。

 

次に高さです。後述しますが、フェレットはハンモックで寝るのを好みますので、50センチほどの高さは必要かと思います。

 

そして3つ目は、スチールの間隔の狭さです。フェレットは骨格が細く体も柔らかいため、間隔が大きいと自らケージの外に出る可能性があるので注意しましょう。

 

最後のポイントは、ケージの床が網目状ではないことです。床の形状は飼い主さんのお手入れに関わってきます。網目状だとご飯の食べカスなどがこびりつき、ケージに汚れや臭いが残りやすくなりますので、必ず床がプラスチックのものを選びましょう。

 

 

スポンサーリンク



ケージの次は、ハンモック、エサ入れ、そして水飲み器です。いずれもペットショップで店員さんにフェレット用だと伝えれば、間違いないものを購入できます。間違っても、ご飯入れをお茶碗などで済ませないでください。フェレットはお茶碗ごと平気で引っくり返してきますので、引っくり返せない重めのエサ入れや専用の水飲み器をちゃんと買ってあげましょう!

 

 

■2 年齢や状況に合わせたフェレットフードを与える

 

フェレットは、その子の好みにも依りますが、人間が食べるようなものも食べますし、ドッグフードやキャットフードも好んで食べます。しかし、フェレットに健康で長生きしてほしいならば、フェレットフードを与えてあげるのが優しい飼い主さんです。

 

 

「Amazon.co.jpアソシエイト」

フェレットフード ジャパンプレミアム 1.5kg 国産 正規品 フード

私はこれまで8匹のフェレットを飼ったことがありますが、フェレット初心者だった頃に飼っていた子たちには、ペースト状に近いドッグフードを与えていました。長年飼っているとフェレットのお口が臭ってきました。お口をよく見ると、歯が黒く蝕まれており、臭気を放っています。

 

 

歳をとると仕方ないのかと思っていましたが、フェレットフードを小さい時から与え続けた子は、全く口臭や歯の汚れが気になりませんでした。

 

 

フェレットフードが栄養面で優れているのは言うまでもありませんが、フェレットの年齢や状況によって必要な栄養素も変わってきますので、同じものを小さい時から与え続けるのは少し短絡的です。大きめのペットショップに行くと、フェレットフードにもたくさんの種類があることに気付かされます。それぞれ手に取ってみると、与えるべき年齢やフェレットの状態がちゃんと商品に書いていますのでよく内容を確認してから買うようにしましょう。

 

 

わからなければ店員さんに聞いてみてください。
そうは言っても、エサを選り好みするフェレットもいます。最初は色々と試験的に小サイズを買ってみて、食いつきのよいエサに絞り込んでいくとよいでしょう。

 

 

 

■3 安全に遊ばせる
フェレットは、その柔らかい体とすばしっこさでケージから出ると元気に遊びまわります。ペットショップにフェレット用の遊具やおもちゃも売っていますので、必要に応じて買ってあげるのも良いと思います。私は経験則上、いかに楽しく遊ばせるかよりも、いかに安全に遊ばせるかをよく考える必要があると思っています。いくつか危ないポイントをまとめてみましたので、箇条書きにして紹介します。

 

 

 1:玄関扉やベランダ扉⇒ケージから出すときは隙間なく閉めないと脱走してしまします。

 

 2:カーペットやベッドシーツ⇒フェレットは狭いところに入って潜るのを好みますのでよくベッドシーツの中などに入り込みます。踏みつけたりしないよう、注意してください。

 

 3:お風呂場や洗濯機⇒ネコちゃんほどではないですが、フェレットも上に登ったりよじ登ったりします。お風呂場の浴槽にお湯を張っているときは、扉や蓋を閉めて溺れないようにしてください。洗濯機も蓋の開けっ放しに要注意です。

 

また、甘えるように足元についてくることがありますので、特に料理中などは足元のフェレットを踏みつけないように注意してください。

 

 

 

■4 最後に
私がフェレットを飼い始めたのはもう20年近く前からです。当時はフェレットが少しブームになっていたものの、まだ一般にまで浸透しておらず、ペットショップの店員さんに尋ねても詳しい答えを得られないことも多々ありました。しかし今は、調べればフェレットに関する色々な情報に触れられますし、何よりフードやグッズも充実化し、近くに大きなペットショップがなくても、ネットで買えちゃう時代になりました。そういう時代だからこそ、正しい情報を選択し、フェレットに愛情をたっぷり注いであげてください。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。