初心者は必見です。スコティッシュフォールドの飼い方

未分類

 

スコティッシュフォールドとかわいい独特な耳について

 

 

スコティッシュフォールドは高い人気を誇る猫で、飼いたい猫ランキングではトップ3にランクインしています。
スコティッシュフォールドを飼う前に、スコティッシュフォールドの性格を理解しておきましょう。

 

 

個体差はありますが、良く見られる傾向をまとめました。
また、スコティッシュフォールドの猫は耳が折れていますがこれは、生まれつきかストレス・病気によってなったもののどちらかに別れます。

 

耳が折れる原因としてストレス・病気が原因になっていることケースもありますが、構造上他の猫よりも耳が折れやすいというケースもあります。
とはいえ、スコティッシュフォールドと呼ばれる猫の全ての耳が折れているわけではなく100%中30%程度の猫の耳が折れています。

 

 

耳の折れ方ですが、浅く折れている猫から結構深く折れている猫まで種類がバラバラです。

 

 

スポンサーリンク



スコティッシュフォールドの性格と傾向

スコティッシュフォールドの性格ですが、温和・人懐っこい猫が多いです。
スコティッシュフォールドは温和な性格の猫が多く、感情が表に出にくいため猫同士の喧嘩が起こりにくいといわれています。
鳴き声自体も小さくて響かないので、近所に人が住んでいる場合でも買いやすい猫です。

 

 

人見知りしにくい性格の猫が多く、初対面の人間に会ってもなつっこく擦り寄ります。
割合で言うと種類問わずオスのほうが人に甘える傾向にあり、さらに元から人懐っこいので人と打ち解けるまでの時間は短いでしょう。
人見知りしないので、小さなお子さんが居るご家庭でも飼育しやすい猫です。

 

 

スコティッシュフォールドは運動量が少なくてあまり動きません。
なので、階下への騒音問題も起きにくいためマンションでの飼育もしやすいため初心者にとってはありがたい猫です。
遊ぶことが嫌いなわけではないので、おもちゃを出すと結構遊びます。

 

 

長毛種と短毛種の2種類に分かれている

スコティッシュフォールドの被毛ですが、2種類に分かれています。
短毛種の割合のほうが多く、長毛種は遺伝的に劣勢のため希少品種です。

 

 

 

骨に疾患・内臓疾患がある猫が多い
スコティッシュフォールドを飼う上で一番気をつけていただきたいのが骨に障害を持って生まれる猫が多いことと、内臓疾患を抱えている猫が多いことです。

 

 

飼育していく過程の中で、成長期に入るまでは定期検診を受けることをおすすめします。

 

 

スコティッシュフォールドには先天的に骨格に障害のある猫が多く居ます。
この病気は遺伝性骨形成異常症という病気で生後3ヶ月から2年の間に発症します。
骨や軟骨の異常が原因で骨の変形や軟骨が増殖してコブのようになります。
成長期に起こるのが特徴で、成長期が過ぎたら骨の変形は止まるのですがそのあと骨の状態が元に戻るわけではありません。

 

 

症状ですが、足や尻尾の異常から始まり脊椎へと進行していくまでの過程で痛みを伴います。
痛みの度合いによっては鎮痛剤の投薬も必要になります。
症状の重さ・軽さは猫によって個体差があり酷い場合は歩行が難しかったり痛みがずっと取れないことも考えられます。

 

 

遺伝性骨形成異常症を確認するときは、猫の骨にコブのようなものがあったり触ると嫌がる箇所があったりします。
ときどき痛がったりしている様子があったら動物病院へ連れて行く必要があります。

 

 

また、内臓が弱い猫も多くプロのブリーダーや獣医に見てもらっても見分けがつきません。
このとき猫には内蔵に負担が掛かりにくいエサを用意して与えるのが良いでしょう。
いい生活環境といいご飯を猫にあげると、スコティッシュフォールドの寿命の10~13年を上回ることもあります。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。