初心者でも楽しめるネザーランドドワーフの飼い方

未分類
【スポンサーリンク】

 

ネザーランドドワーフは最近人気の小型ウサギです。その為、ウサギ飼育の初心者の方にも飼いたいと思っている方は多いと思います。

 

 

今回は、ウサギ飼育の初心者にも分かりやすく、ネザーランドドワーフの飼育のコツをお教えしたいと思います。

 

まず、ネザーランドドワーフは平均体長は26センチ、平均体重が1kg前後と小柄な体格で鳴きもせず、清潔好きで体臭もないため、狭いスペースでも飼えると思いがちですが、実はここに大きな落とし穴があります。

 

 

見た目に反して非常にエネルギッシュで活動的な種なので、運動したり動き回ったりするのに広いスペースが必要なのです。

 

 

ですので、アパートやマンションでの飼育も可能ですが、その際に狭いケージしか用意できない場合は、飼育するのは少し難しいかもしれません。

 

 

次に、このウサギは温和で友好的なタイプと野生的で懐きにくいタイプの二種類の性格がいます。これは品種改良による痕跡なので、なかなか見分けるのが困難です。

 

 

しかし、愛情を持って接してあげれば絶対に懐きますので、後者のウサギだったとしても根気良く付き合ってあげることが重要です。後者のウサギであったとしても飼い主に噛み付いたり威嚇したりするということはありませんので、その辺はご安心ください。

 

 

また、タイプを見分ける上でのコツの一つに、ウサギを飼いに行く場合は夕方以降がいいでしょう。というのも、ウサギは夜行性の生き物ですので、夕方以降に活発に動き出すからです。実際にペットショップやウサギ専門店で動きを確認し、どういうタイプかを充分に調べた上で購入するのが寛容です。

 

一般に、普通の飼育下では5年から10年生きると言われています。ストレスに弱く、清潔な環境を好む種ですので、ケージは清潔に保つようにするのと共に、コミュニケーションをこまめにとってストレスを感じさせないようにするのが長生きさせるコツとなります。

 

 

また、ウサギ全般に言える注意点なのですが、ウサギは骨が脆いため、骨折や脱臼をしやすい生き物です。特にネザーランドドワーフは小さいため、抱き上げた際に骨折や脱臼をし、それが原因で死亡するケースもありますので、抱っこをしたりする際は細心の注意を払って取り扱ってあげてください。

 

 

購入する際の注意点は、ネザーランドドワーフの混血種もネザーランドドワーフとして販売している店舗もありますので、余りにも安く販売している際は注意が必要です。もちろんかわいいことに変わりはありませんが、純血種よりも一回り近く大きくなります。

【スポンサーリンク】

 

 

エサは普通のウサギと同じようにウサギ用ペレットと牧草で大丈夫です。ペレットは栄養価が高いので、牧草をメインに4割をペレットのような形で分けてあげることでバランスの良い食餌になります。逆に与えてはいけない植物があります。キャベツ、レタスは水分が多過ぎるため下痢をしてしまいます。また、ネギ類は赤血球を破壊してしまいます。また、デンプン類を消化できないので、イモ類を与えることは厳禁です。

 

 

水は基本的に水道水で大丈夫ですが、浄水器を付けているのであれば浄水器を通した水をあげてください。水を挙げる方法はケージ内に水用の皿を置くよりも、壁に設置できる給水ボトルか水入れを利用してください。

 

 

アナウサギを品種改良して作られた種のため、気温の変化に非常に敏感ですので、エアコンを使って室温を調整するか、冬場はヒーター、夏は放熱シート等を利用して温度を一定に保ってあげてください。

 

 

この種は顔が小さく丸いため、不正咬合になりやすいという特徴がありますので、ケージ内にエサとして牧草をいれるだけでなく、かじり木を入れてあげるのも非常に効果的です。

 

「Amazon.co.jpアソシエイト」
うさぎの時間 no.10―あなたとうさぎとの時間をもっとハッピーにする 総力特集:もっと知りたい!トイレのこと (SEIBUNDO Mook)

【スポンサーリンク】

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。