初心者がハリネズミを飼う時に注意したいことは

<ハリネズミを初めて飼うけどエサはどうしたら良い?>
ハリネズミを飼う時、エサは何を与えたらよいのでしょうか。

ハリネズミのエサはハリネズミ専用のものがあります。ハリネズミは同じエサを食べ続ける事を嫌うとされていますので、数種類のエサを用意してあげる必要があります。

もちろん専用フードでなくても、ハリネズミが必要とする栄養素を摂取できるように考えていれば問題はありません。

フェレットのエサや猫のエサの中にもハリネズミが食べられるものがあるとされています。

エサの分量は大さじ1~2杯を目安に体重に合わせて調整します。他におやつなども適量与えて大丈夫です。

ハリネズミは夜行性の生き物なので、できれば夜にエサを分けて与えてあげるのがベストです。でも夜にエサを
2回や3回に分けて与えるのは難しいのでできるだけ夕方と夜にするなど工夫してみて下さい。

翌日になって残っているエサは、そのまま放置しないで処分しましょう。残っていても衛生面で良くありませんので処分してください。

スポンサーリンク

<ハリネズミを触りたい>
ハリネズミを飼ったら、やはりスキンシップしたいと思うでしょう。
ハリネズミは慣らすことができれば針が出ていてもなでてあげることができます。

慣らしてあげることはとても重要です。その理由は体重を測定する時などはどうしてもハリネズミを触る必要が出てくるので、慣れていないとこういった管理も難しくなるからです。何か病気をしたかもしれない時も、触れないと様子を確認できませんし、病院にも連れていきにくいです。

中には時間がかかってしまうハリネズミもいますが、根気よく優しく慣れてくれるように触っていきましょう。

触るとなると針が怖いという人もいると思います。でも飼い主が怖がっているとされがハリネズミにも伝わってしまいます。そしてハリネズミも委縮してしまうので、針を怖がらずに触れるようになりましょう。

ハリネズミが心地よく過ごせる空間を用意してあげる事で、飼い主に慣れやすくするという方法もあります。

やはり毎日住むお部屋なので、心地よくなければハリネズミも慣れてくれません。

小屋が安心できる場所と認識できるまでは、ペットショップから自宅へ連れてきて3日くらいかかるとされています。

そのためハリネズミとスキンシップをとるのも3日目以降が望ましいです。
最初は静かにえさとお水を取り替えるくらいにしましょう。

温度管理もしっかりしてあげましょう。3日目以降からスキンシップを取り始めて、体重管理などの健康管理もしてあげてください。

慣らす時間帯はハリネズミに合わせて夜がベストです。

まずはそっと小屋に手を入れてみます。ハリネズミから少し距離がある場所で手を入れてみて、ハリネズミの動きを観察します。そして好きな餌などをあげながらスキンシップをしてみます。エサを食べている時に針を撫でてあげる等してみます。食べた後もその場にいるなら引き続きスキンシップをとってあげて、嫌がってしまうようなら無理にはしないでそっとしておきましょう。
あまり長時間はストレスになりますので、5分から10分程度を目安にするのが良いです。なでることに慣れてきたら抱っこする事もできるようになります。
なでるよりも難易度が高いので無理にしないようにしましょう。抱っこする時はハリネズミを両手で救い上げる感じで抱っこします。

<ハリネズミの針は痛くないの?>
ハリネズミの針は、痛いです。特に初心者は最初は手袋をして触れるようにすると良いです。手袋をしたままだと飼い主を認識しにくくなるというデメリットもありますので、手袋をして手にのせてから手袋を外すなど工夫しましょう。ハリネズミの針は慣れれば痛くないとされていますので、まずは慣れるように頑張ってみて下さい。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。